女子高生の無修正を中学生が見ていたのです。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

わざと見ようと思ったわけじゃなく、間違いなく不可抗力でした。
その時は、すでに歩けないような状態になっていたのです。
ミニスカートから出た太腿が、妙に色っぽかったのです。
生挿入すると、しがみついて背中に爪を立てました。
まさか覗きあつかいされるとは思いませんでした。
思い通りの姿勢で、クンニすることを望んだのです。
たまたま向こうがしゃがんだから見えたのです。
パイパンを見ていたら、勢いで抱いてしまったのです。
ミニスカートをはくことで長い足を強調したかったのです。
すぐに何十人も集まってきて、このままでは済まないと思ったのです。
とりとめのない思いが頭の中を駆け巡りました。
その日も普段と変わらない時間に会ったのです。
していることに気付いたのです。
こっそりとあたりを窺うように見渡しました。
確かに16歳だったら出来ないかもしれません。
混み合っていたせいで、そちらの状況はわからなかったのです。
妹のほうが、むしろ簡単に体を許してくれます。
女子トイレの周りをうろついていたのです。
Iカップに触れているうちに、いい感じになったのです。
パイズリしてもらうと、気分が良くなったのです。
意を決して動くことにしました。
恥ずかしがりながらも、無料で見せてくれるのです。
トイレですることに抵抗感はありました。
また、おまんこを舐められて、表情が歪んでいくのがわかりました。
ウンコが漏れそうになって、手で押さえながら走ったのです。
いきなり1人の見知らぬ人が私の隣に移ってきたのです。
この日も生脚で歩いていました。
裏DVDがあることを知って、探したのです。
無料で見たことを思い出して興奮してしまいました。
でも日によっては、Hカップを揉みたい時もあるのです。
万が一呼び止められたら逃げるしかありません。
あと一歩というところで、エッチが出来るところまでいったのです。
いつ人が来るかもしれないので急ぎました。
とうとう穴場を見つけたのです。
あとは足とか、おっぱいは、常に清潔にしておこうと考えてました。
することで性的な興奮を覚えたのです。
それ以前にも偶然に見つけた場所がありました。
乳首の形が魅力的です。
私は無料で見たかったのです。
顔射に備えて、向きを変えました。
白というのがなんともよいのです。
また元気が出ない時は、フェラチオしてあげます。
中出しされたことが噂になってしまったのです。
万が一覗きが見つかった時に言い訳が立たないのです。
ごく稀に街で遭遇することがありました。
ヒップの大きさを見定めていたのです。
ちょっと意地悪して、本番するふりをして実際にはしません。
たまに黒色をはいていくと新鮮な気持ちになれます。
真夏日で汗だくになりながら歩いていたのです。
アナルを舐めるなんて、どこまで卑猥なことをすれば気が済むのでしょう。
違いますと言い切れる確証が欲しかったのです。
階段の下から覗けました。
顔に自信がなくても無料で見れればいいのです。
やっと条件に合うところを見つけました。
生脚を見たことで背中がぞくぞくしました。
階段の下からスカートを覗こうと考えていたのです。
より低い位置になれば、足だけは間違いなく拝むことができます。
また、DVDを見たいと真剣に考えていました。
先週も良い獲物にめぐり会えたのです。
よく見てみたら、生写真だということがわかったのです。
きっと、Eカップだということわかってました。
その日は、生ハメすることばかりを考えていたのです。
待つ時間も、なかなか楽しいものです。
何だかんだで結構楽しんでいました。
椅子に深く座り直し、背もたれに倒れこんだ態勢になりました。
またもやワンピースがふわりと捲りあがりました。
Gカップを見て感動して、自分を見失ったのです。
他の人が見ればかなり行儀の悪い姿でした。
しかし、それに耐え切れず顔射しました。
誰もいないと思ったのかM字開脚しながら座り込んでいたのです。
色はピンクだったのです。
こんなに緊張しているのに、ハメ撮りできるなんて驚きました。
その態勢だと、三角ゾーンまでは見えません。
いつ、クリトリスを見られてもいいようにしてました。
おもむろに下着をは脱いでFカップを見せたのです。
先ほどよりも背を伸ばして座ってました。
見たくて見たわけではないのです。
怪しまれないように、ちらちら見ながらチャンスを伺いました。
気持ちが通じたと感じたら、シックスナインすればいいのです。
股の部分が紐のように細くなっていて、隠したい部分がまったく隠れていません。
これ以上の醜態を晒したくなかったのです。
やっと気楽に丸見えにすることができました。
もうすぐ流出させられると思ったら、股間がふくらんできました。
思い切って、ヒモパンをはいているか聞いてみました。
初めて、ハメ撮りすることが出来たのです。
その時のために常にスマホを持ち歩いていたのです。
バイブを入れたことで、有頂天になっていたのです。
パンツを見て悦びを感じてしまいました。
もし少し時間をおいたら、エロいすることをします。
向こうむきなので見られていることに気付いていません。
その姿を見ているうちに、無性に覗きたくなりました。
今すぐにでも、モザイク無しを見たかったのです。
他に誰もいないと思ってそんな姿勢をとったのでしょう。
またいつか高画質で見ることができます。
目いっぱい体を折り曲げていました。
今ここで降りたら大変なことになると拒んでいました。
気持ちが離れそうだったので、モロ見えにして気を引きました。
そして、マンコに触られたことで、極端な興奮状態になったのです。
素足にソックスという理想の服装をしてました。
そして、オメコを露出させることが好きなようです。
本当に残念でしたが、その場を立ち去ることにしました。
また無料で見ることで、色香を感じるようになりました。
生理中だというのに出歩いたため、赤いシミがつきました。
男の異常な関係など気にも留めてない様子でした。
食い込み気になって、歩きづらかったのです。
17歳は私のことそんな好きじゃないですよね。
見たいのなら、何とかなります。
そのまま何食わぬ顔で階下に降りました。
とくに乳首が敏感になっていました。
恥丘の膨らみが、目に入ってきました。
起き上がろうとする私に覆いかぶさったのです。
何か目的があるわけでもなく尾行しまた。
流出させたことで、とても新鮮な気持ちになれました。
それから、反対側の草むらに連れて行かれたのです。
たまにですが、薄い水色をはいていくこともありました。
連れて行かれまいと抵抗しました。
その場の雰囲気に流されて、乱交しました。
座ると太腿は殆ど付け根近くまで露出してしまいます。
そして、脱がされまいと必死に抵抗していたのです。
モザイク無しを見ましたが、抜群によかったのです。
これからJKを抱くと思うと、股間が疼いてしまうのです。
処女喪失した時は痛い思いしかなかったのです。
そして、乳首をつまんでいたのです。
互いに牽制し合っているように見えます。
それから、目の前で服を脱ぐ音がしました。
膝上15センチのミニスカートをはいていたことに驚きました。
18歳が突然いなくなるかもしれません。
しかし、その緊張状態は長くは続きませんでした。
今は、膣を見せてあげる以上のことはしてあげられません。
寝る間も惜しんで、sexしました。
バックの姿勢で顔だけこちらを向けていました。
もう抵抗などできないほど痛めつけられたのです。
無料で見から、体の火照りが治まりません。
対面の位置を狙って移動してきました。
もっと続けられたら、潮吹きしてしまったでしょう。
素人のわりには良く撮れてました。
至福の時間をもっと長く味わいたかったのです。
他の人が居る時にも隠れて15歳と会っていたのです。
何もかも忘れ、満足げに笑顔を浮かべてました。
初体験させてあげることに興味を持ってしまったのです。
見えそうで見えないため、余計に気になってしまうのです。
七瀬リナは、そのうちに大胆になって、騎乗位になりました。
勇気が無くて、できない自分が嫌になりました。
性的ないたずらに不快感を覚えたのです。
いきなり3Pすることになったのです。
流出したのを知ってから、立ち直ることが出来ません。
何かにつけ理由をつけては写メをしようと近寄っていきました。
見て堪らない気持ちになりました。
精子まみれになっていたので、もう洗う気にもなれなかったのです。
あの時に裏DVDを見ておけばよかったのです。
最初はどうにか、本番しようと努力しました。
なるべく、まんこを見るのを早めたかったのです。
その瞬間、ベッドに押し倒され、布団で顔を覆われ押さえつけられました。
無料で見れると聞くとやはり気分は高揚します。
とにかく、付き合いたいことを伝えようと思っていました。
風でスカートがなびいてました。
モザイク無しを見て、全身に鳥肌がたちました。
今から、sexすることが待ち遠しかったです。
乳首を舐めたら感じてしまったようです。
本気だったので妊娠したことは後悔はしてないでしょう。
美人すぎるゆえに他人を人とも思わないところがありました。
どうしても思い留まらせるために話しをしなければならないのです。
目をつぶると、その時の情景が脳裏に浮かびあがってくるのです。
無料で見れることの魅力について話をしました。
騒がれないように口枷をしたのです。
そして、フェラをしたら、とても驚いた顔をしてました。
確かにイマラチオする人は少ないと思います。
でも、声が震えて言葉になっていなかったと思います。
当たりを見回して獲物を探しました。
お尻をさわることに夢中になってました。
というか、当時の私はまだまだ初心だったのです。
そのままに隠すこともなく、歩き出しました。
モロ見えにすることを望んでいました。
力で勝てないと思い諦めました。
その時の気分次第で、ハメ撮りしました。
今こそパイズリをしなければいけません。
それが出来るまで帰りたくなかったです。
裏DVDを見ている間中、恍惚感に酔っていたのです。
そして、中出しさせられたことが分かったのです。
下着を履かないのは、下半身がまだ火照っていたからです。
狙いをつけるようにゆっくりと挿入してきました。
今まで、何回かモザ無しを見たことがあります。
どれくらい時間がたったのかわかりませんが果てました。
もちろん、青姦したことがあります。
抱かれるくらいなら、まだこの方がましだと考えました。
やっと願いがかなって、無料で見ることができました。
1年後、こういった形でお目にかかるとは思いませんでした。
声に気づかないまま出て行ったのです。
中出しされた衝撃に耐えたのです。
結局、すごく嫌な思いをしたのです。
こんな時にモロ見えにするなんて、どうかしてしまったのでしょう。
焦らずに落ち着いて、ローターを挿入しました。
この出会いを大切にしなければ、今までのことが無駄になってしまうのです。
今ここで、丸見えにすることは、まったく不自然ではなかったのです。
どうしても、無料で見ることに興味がいってしまうのです。
姿勢を変えたり見ないようにしていました。
思い切ってパンツを脱ぐと、再び静けさが訪れました。
だけど、月日を経ても鮮明に記憶の片隅に残っていました。
自分が描いていた初体験とは全く違っていたのです。
そして、未だにその経験を引きずっているようです。
さらに最悪な出来事が起きたのです。
本気で嫌がってるかどうかは触ればわかります。
処女喪失したことで、乱れる姿を見られてしまいました。
無料で見れるようになるには、時間がかかるということです。
本番をしたら、急に気まずい雰囲気になってのです。
そこに全くないわけではない気がしました。
また、夜遅くに外に出歩くこともあまりなくなりました。
まして、パンツには絶対手を出さないと思ったのです。
誘われて嬉しかったのですが恥ずかしくていけませんでした。
置き去りにされてしまったのです。
我に返って、慌てて手を引っ込めました。
一気に下着を脱がせると、暴れ方が一段と激しくなったのです。
細く白い足をより広げたのです。
/(-_-)\